ケガをした鳩 最終経過報告

こんにちは、獣医師の松村です。

朝・夜の冷え込みが増してきましたが、みなさん、お変わりありませんか。

 

 11月19日に「千葉県行徳野鳥観察舎」に鳩を預けました。

野鳥観察舎は、市川市の行徳にあり、「傷病鳥保護棟」が併設されていて、野鳥専門の獣医師が、傷病鳥の治療やリハビリを行っています。

 当院で、順調に回復していた鳩ですが、自然に戻すには、しっかり飛べるようにリハビリが必要です。

 

 後日、野鳥観察舎の獣医師に鳩の様子を聞きましたところ、12月6日に無事、「放鳥」してくださったとの事。感謝しております。